ビットコイン

ビットコイン(bitcoin) 2017年11月に再分裂の可能性?

こんにちは、@BuzzerBeaterです

ビットコインが8月に分離し、ビットコインキャッシュが誕生日しましたが、今年の11月に再分裂する可能性があるとBloombergが報じています。

再分裂の理由は取引拡大に対応するためと言われており「マイナー」と開発者がそれぞれ新バージョンのビットコインを模索しているようです。

ビットコインの世界で「ビットコインジーザス」と言われているロジャー・バー氏などの業界大物たちは、両陣営の意見が衝突うることを懸念しており、再分裂の可能性は否めないとのこと

Photo Roger Bar from Bloomberg

「コア」と呼ばれる開発者からも同様な意見が噴出しており、分裂(分離)は避けられないかもしれない。

8月にはビットコインキャッシュが誕生したばかり

Bitcoincash

2017年8月の分離騒動では、ビットコインキャッシュという新しいコインが誕生している。Roger Bar氏は二回目の分離も予想しており、資金の一部をビットコインキャッシュへ移行しているそうです。

分離によって更にビットコインが生み出されるので自身の利益にも繋がるということも明言しています。

実際に、8月にはビットコインを保有したまま分離を迎えた後、保有者は保有コインの30%に値する利益を瞬時に得ている。これはかなり大きい利益です。

関連記事:

ビットコインキャッシュが誕生しました!

分離の内容とは?

Bar氏によると、ビットコインが”ビットコインレガシー”と”Segwit2x”バージョンの二つに分離するだろうと予測をたてています。

分離の理由は明確で取引拡大、またビットコインの人気に伴い取引が混雑したことによる送金遅延などの解消方法を見いだすためとされている。

取引にかかる時間、また処理手数料が一時的に記録的水準に達した(高くなったってことですね)この問題の対処法として、デジタル台帳であるブロックチェーン上の情報量の上限引き上げ(要するに1ブロックに書き込めるデータ量を増やそうという動き)とブロックチェーンの一部データをメインネットワークの外部で管理すべきだと言う哲学を持ち込んで主張するグループとの意見の相違があります。

11月にネットワークのアップグレードをすることを生命しており、もし合意に至らなければ再分裂するとのこと。

via Bloomberg

原文はこちら:Bloomberg Technology