ビットコイン

今年7回目の暴落は1日で落ち着く。新規参入者やレバレッジかけたFXトレーダー達が厳しい目に遭った

こんにちは、BB23Cryptoです。

昨晩書いた記事ですが、

仮想通貨バブルが調整局面へ移行?年末までは下落が続くのか?

下落を見届けながら書いていながらも、書き終える頃には反発していました。

いったんは全体的に下落は40%近いものもあり、BTCは127万円あたりまで落ちたようですが、

一夜明けて既にこの様に回復。

1日かからずほぼ戻しましたね。狼狽売りから狼狽売りを呼び、送金詰まり、注文が通らないなど

SNS上や2chのようなところでは大騒ぎ。その中でも、比較的堅調だったのがXRP。

リップルは20円台を長らくさまよい、この1週間で一気に100円まで駆け上がり150円台までいきました。

様々な材料が出ても他のアルトコインが爆上げする中、XRPだけは騰がらず。

XRPが何故、ここにきて高く評価されているのか

しかし、ここに来てXRPの利便性や信用がおける通貨としての評価が本物であるという

流れがこの価格に反映されているのだとおもいます。

全世界役50取引所で取り扱われるようになったXRP。

BTCの送金詰まりが大問題で、今後もライトニングネットワークの普及で

少しは解消されるのだとおもいますが、Bitcon.comの副社長でさえ

BTCを全てBCHへ移したということですしね。

今回のBCHの爆上げにも寄与していますね。

私は基本的なスタンスとしてXRPは評価していませんでした。

理由はひとつ。

リップル社というものが存在すること自体に違和感があったからです。

ICOはどこもクラウドファンディングのように資金集めをするわけですが、

コインの信憑性や概念を詠い、このコインは価値がありますよ、これから流通しますよ、

だから皆さん出資してくださいね、という広告がありお金が集まります。

しかし、詐欺もたくさんあるわけで。

リップル社の広報担当がTwitterなどでリップルの良さを言えば言うほど、

おかしいだろと、私なんぞは思ったわけです。

だって、中央集権的発想を否定するのがブロックチェーンであり、仮想通貨でしょう?

それを中央集権的な「会社」が存在して金集めをしていることって、理念に反するよね?というお話。

要人発言には要注意ですが、どこを注意すればよいのかわからない

いわゆる「要人発言」には注意をしなければならないこと。

指標発表などに影響を受けることが多い株式や、

特に為替相場は「今日の指標発表」なるリストがありますが、

仮想通貨に関してはまだまだ整備されていません。

突発的に起きるこのような暴落(突発ではなく根拠があるのでしょうけど)を

未然に感知して対策を立てることができないのが怖いなと正直感じています。

ゴールドマンサックスやJPモルガンなどの米国大手銀行、FRB議長や黒田総裁なども

折に触れてビットコインや仮想通貨について話をしていますが、基本的に現行の

金融機関関係者は否定的な方が多い。

そういう方達の言葉がどう影響するのか?は未知数です。

2018年はこのあたりが整備されるというか、ある程度まとまった情報が入るような

環境がと整うことを願っています。

それまでは、とにかく個人レベルで質の高い情報収集をするほかありませんね。

仮想通貨全体的にいえること

今回の暴落は2013年以来、一番の下げ幅だったそうです(全体的に)

しかし年末にこの様な動きがあり、この冬に参戦した方々の多くは

ふるい落とされたり、FXでレバレッジをかけていた人はあっという間に強制退場を

させられた方もいらっしゃるでしょう。

長期ホールド(巷ではガチホというそうです)の方々はすこし動揺もしたとおもいますが、

やはり仮想通貨のような新規市場への投資は早いモノ勝ちだなと痛感した次第です。

何はともあれ、今後もまた今夏のような暴落は起きると予測できますし、

ずっと右肩上がりであるわけもありません。

しかし、仮想通貨全隊にいえることは、時価総額はまだまだ未成熟な領域ですし、

可能性は無限です。

草コインといわれている「雑草のようなコインたち」の中でも今後100倍、1000倍、1万倍などに

なるものも出てくるかもしれません。

第二第三のBTCが出てきて億万長者になる人が世界中で増えることでしょう。

夢があるじゃないですか。

まとめと私のスタンス

私は海外のICOのサイトを探っていて目下情報収集中です。

めぼしいモノ、面白いなおもうものを「独断と偏見」でここでお伝えしていく所存です。

世の中の「ポジショントーク」的な発想でモノをいってしまうこともあるかもしれませんが、

少なくとも「買え」「売れ」という話はしません。

あくまでも「おもしろいかおもしろくないか」という視点はお伝えしますし、

私はこれを買いました、売りましたという結果報告などはするでしょう。

ですが、私も含めてネット上にあふれかえっている情報は全て

疑ってかかってください。

これは基本スタンスであるべきです。

誰も信用するな、です。

「いい人というのは【どうでもいい人】とも言える」と

私の先輩が言っていました。いい人になる必要はありません。自分勝手で良いのです。

その分全て、自己判断で行動してください。

あるSNSユーザーが、有名ブロガーのツイートにほだされてか、通貨を大量購入。

その数日後、大暴落をしたのですが、そのユーザーがTwitterでこういいました。

「○○○さんが買えといったから買ったのに、本人は利益確定をして結果暴落した。

有名ブロガーが買い煽りをして値が上がったら売りさばいて利益を得ることは不当だ」と。

この若者は相当悔しかったんでしょう。

しかし、基本的に間違っているのは「責任転嫁」をしているところです。

買ったのも、判断を間違ったのもこの若者自身の問題であり、有名ブロガーさんの責任ではない。

「若さはバカさ」と私のオヤジがよくいってましたけど(私に向けて)、ほんとにその通り。

人のせいにするなら今すぐ投資を止めなさい。

自分が初心者だから有識者から聞いた話にのっかって負けたことを文句言うなら、投資を止めなさい。

そもそも投資に初心者も熟練者もないんですよね。基本的な事ですが(これまた追ってお話します)

こういう若者のような間違った視点で投資を見ること、社会と向き合うことにならないように

日々自助努力したいものです。

オススメの取引所はこちらです

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin