仮想通貨(暗号通貨)とは?

仮想通貨(暗号通貨)という言葉が巷にきかれるようになってから数年経ちました。

ビットコインという仮想通貨が誕生したのが2009年。

ビットコインのシステムを発想し最初のビットコインを作ったと言われているのががサトシ・ナカモトという謎の人物なのですが、ナカモト氏が2008年にネット上へ発表した9ページの論文がもとになっています。

この論文を要約しますと、

通貨を発行する従来の仕組みにとらわれず、P2Pの仕組みを利用して分散処理をし、暗号化の技術を組み合わせることでビットコインの信頼性を担保する、というものでした。

なんだかよくわかりませんね?(笑)ご説明致します。

中央集権型と分散型の意味が分かればカンタンです

現在の世界は、通貨を発行する機関があります。日本の場合は政府や中央銀行である「日本銀行」です。「日本銀行」が担っているのが通貨の発行とその管理です。この機関がまさに中央集権型の管理者です。そして政府はこれを認めていますし、政府が認めているから、国民も認めて安心して利用しているわけですね。

それに対してビットコインは管理者を置かず、お金のやり取りに中央銀行も仲介者もおかず、P2P、要するに直接ユーザー同士がやり取りをする仕組みです。では、このお金を誰が認め承認するのでしょうか。

ユーザー全員が承認するのです。

この仕組みは決して複雑ではないので、読み進めてください。

個人間で銀行のような仲介者なしにお金(通貨)のやり取りをする際に、取引を承認する仕組みが必要ですよね?

AさんがBさんへ1万円送りました、という記録は相手の銀行口座へ振り込みをする際に手続きすることと同じなのですが、ビットコインのやり取りの場合、この1万円という数字が暗号化され、ブロックチェーンの技術により取引の記録がされます。この記録は、全世界にいるビットコインユーザーが見られるようオープンソースになっており、また改ざんや不正が出来ないようになっています。

改ざんできない理由はブロックチェーン技術の根幹の部分なので、後ほどご説明いたします。今は兎に角、ブロックチェーンという技術があり、それがビットコインのやり取りを銀行のような仲介者がいなくても出来るということだけ認識しておいてください。

仮想通貨という名称の由来は、マウントゴックス事件が関係していると言われています。そもそも英語ではCryptocurrency=暗号通貨が正式名称ですが、日本でも仮想通貨法案2017など、世の中に出回っている名称が「仮想通貨」ということなので、当サイトもそのように呼ぶことに致しました。

また今後進展があり、暗号通貨という言葉に置き換わるようなことがあれば変更致します(結構面倒な話ではありますが)

ナカモト氏は謎の人

Who is Satoshi??

サトシ・ナカモトという人物は未だに特定できていません。何人かがその素性を疑われましたが、いずれも否定をしています。ナカモト氏は2008年10月の論文発表以来、所在がハッキリせず未だに謎の人で公にでてきております。

クリプトカレンシー=暗号通貨そのものの生い立ちは、ナカモト氏の論文の中にある大変革新的な技術である「ブロックチェーン技術」がバックボーンになっています。

2014年にはノーベル賞の候補にもあがった論文ですが、日本語訳がありますので紹介させて頂きます。

ブロックチェーン技術とは?

ブロックチェーンという新たな技術を提唱したナカモト氏。その後、2009年1月にオープンソースのソフトウェアを開発しネット上に発表。オープンソースにした事により、世界中の優秀な技術者やハッカーたちがこぞってこのブロックチェーン技術の開発と発展に貢献しました。

ブロックチェーンのブロックというのは「取引をまとめたもの」で「採掘(マイニング)」の単位です。取引はブロックに含まれることにより承認を得ます。1ブロック辺りのデータは最大で1MBですが、将来的に1ブロック8MBないし20MBにするかなど議論はつきません。利用者にとってはこのサイズが大きい方がビットコインを送ったり受け取ったりするスピードが速くなり便利なのですが、採掘者(マイナー)にとっては速度がある程度おそくないと、追加手数料をとることができません。

ブロックチェーンとは約10分枚に採掘の作業により複数の取引を含む新しいブロックが連なっていきます。連なることによりチェーンを作るので、ブロックチェーンと言われています。新しいブロックが作成される時に、採掘者の報酬となる取引も同時に作成される仕組みです。

先ほどのAさんからBさんへの1万円の送金の記録が、このブロックにデジタル署名されます。そしてチェーンのようにブロックが連なっていく際に、次のブロックには、その前のブロックのデジタル署名が刻印されるので、途中で第三者が介入して改ざんすることができません。必ず、デジタル署名がリンクされていくことにより不正がまず出来ない、という仕組みなのです。

そしてこのブロックはオープンソースならではで、全ての人が観覧可能ですから、改ざんしようがありませんよね。大変民主的なシステムであることは間違いありませんし、現在の中央集権型の管理システムを導入している銀行などは、画面蒼白になるわけです。また、盲目に「中央集権型は不正がない」と信じている私達も実は妄想の中にいるとおもってください。

少なくとも、私は信じていませんが(笑)

ちなみに、海外送金をされたことがある方ならおわかりかと思いますが、どこの銀行さんも「異常な手数料」を徴収しますよね? 幾ら送金しようが3000円から6000円近くを手数料として支払わねばならないユーザーにとっては、たまったもじゃありません。

ビットコインはなんと10円ほどの手数料で送金が可能、そしてなによりも速いのです。10分から1時間ほどで送金が完了してしまいます。これが実現している今、銀行はどこの世界も戦々恐々としているわけです。

ブロックチェーン技術のすごさがご理解いただけましたでしょうか?道理でナカモト氏は身を隠しているということもご理解いただけたかとおもいます。

取引所の誕生とビットコインの価値

2010年2月にビットコインの両替が出来る歴史上最初の取引所が誕生します。そして同年5月に、ビットコインを使った決済が行われました。

2枚のピザを1万BTC(ビットコインの単価)で取引されたと言われています。今では1万ビットコインは21億円ですから(2017年5月17日現在)その当時は大変安く入手可能であったということですね。

その当時はまだオモチャ銀行レベルのシロモノだったのです。実験的・試験的に動いていたビットコインも参加人数が数百人レベルでしたから、採掘もカンタンに出来ましたが、いまはもう自宅のパソコンなどで採掘は出来ません。

電気代が恐ろしくかかるスーパーコンピュータレベルの大きな機材でマイニングという作業をしている企業や団体があります。もはや個人レベルでは不可能なのです。

2010年7月には日本で初めての取引所が開設されました。マウントゴックスです。覚えてらっしゃいますか?社長が詐欺を働いてしまったという残念な結末でした。この一件で、「仮想通貨ビットコインは怪しい」とい社会的レッテルが貼られてしまいました。

しかし、事の本質はビットコインの問題ではなく、取引所の問題、もっといえば一個人がおかした犯罪でしかなく、誤報道も甚だしいと感じた次第です。ビットコインのブロックチェーン技術は大変すばらしいもので、通貨以外にも応用できる可能性が大いにある素晴らしい発明です。

一個人の私利私欲のためにビットコインの本質が伝わらなかったことは大変悔しい話ですし、また2010年から7年が立ちますが、未だに仮想通貨=怪しいというイメージは先行しているようで残念でなりません。

このサイトが、このような誤解を少しでも払拭できればと願うばかりです。

マイニング出来る総量は決まっている

ナカモト氏によるとビットコインの総量は2100万コインと決められているそうです。現在採掘されているコインの数は1600万と言われています(2017年5月現在)

ですから、最終的に数年後2100万ビットコインが採掘され斬ったあとは、「金(ゴールド)」同様に大変希少価値のあるものとなるわけです。

円やドルやユーロなどはインフレ通貨ですから、いくらでも無限に中央銀行が発行できますが、ビットコインは違います。無限ではななく有限ですので、多くの人がほしがればその価値は上がります。

ビットコインの年表

2011年以降はアップダウンを繰り返してきたビットコインですが、2011年2月に市場価格1ドルを超えます。同年6月には闇サイトでつかえるぞー!という報道により価格が急騰し終値がなんと1489円。。。とんでもない買いが入ったわけですね。

2012年になるとビットコイン関連のビジネスが登場しはじめ、2013年には市場価格が200ドルを突破、ユーロ圏のキプロスの金融危機で、お金の安全を確保するためにこぞってビットコインへ買い換える動きに拍車がかかりました。この人手で4736円まで高騰します。

2013年3月には時価総額が10億ドルを超え、同年10月には中国のBaidu(百度)がビットコインを導入し、元々自分の国の通貨を信用していない中国人の爆買いが始まりした。価格は勿論急上昇し1,200ドル(約13万円)を上回ります。

中国当局はこれを見て取り締まりに入ります。2013年12月一時的に700ドルまで暴落。中国は金融機関が事業資金運営としてビットコインを扱う事を原則禁止に(個人間は合法とする)この年に日本ではじめてビットコインがNHKで特集を放送しています(終値は11万円)

2014年2月、マウントゴックス交換所が破綻。同時にこの時期にEthereumプロジェクトが立ち上がります(終値は18,280円)同年6月、ビットコインAMTが東京都内に初登場します。この時点で1BTC=60,932円と順調に上げてきます。

2014年7月 パソコン販売会社大手のDELLが米国内でビットコインの支払い受付を開始します。同年9月Paypalもビットコイン決済への対応を発表。国内ビットコイン決済サービスも登場します

2014年という年は日本でも複数の取引所がオープンします。マウントゴックス事件の余波で、300ドルあたりで推移します。

2015年マウントゴックスの社長が逮捕されます。世界ではビットコインの評価は上がるのですが、日本では過剰報道もあり低迷したままでした。アメリカではビットコインの取引は非課税という判決がでてから一気に400ドルまで上がります。

2016年、ビットコインの価格は更に上昇します。日本でDMM.comがビットコイン決済を開始し始めます。また、大きな動きとしては「仮想通貨法が成立」したことにより一気に認知度が高まりました。ビットコインへの投資や投機が活発化し、7月以降は中国系取引所に次いで日系取引所が2番目の取引額をあげるまでに感心が高まっています。現在の取引の売買高の84%は中国です。やはり自国通貨を信用していない民衆の思いがそこにありますね。

ビットコインの現在

この記事を書いているのが2017年5月17日ですが、現在1BTC=21万円相当に値上がりをしています。2016年の半ば、丁度1年ほど前はまだ10万円でした。

既に倍です。この先どれくらいまで上がるかは誰も分かりません。

少なくとも2010年の段階では1BTC=0.1セント(0.1円でしたから、その当時コインを購入し、今日現在まで保有していたとしたら、、、、210万倍値段が跳ね上がったということになります(理論上)

実際に、ビットコイン長者は存在していますし夢のある話です。今後ビットコインのように爆上げをする仮想通貨がでてくるかもしれませんし、これも誰もわかりません。

追記:8月14日現在、1BTC=45万円を越えました。この記事を最初に書いて三ヶ月前から更に倍です。

仮想通貨・ビットコインまとめ

ビットコインが誕生してから8年経過し、日本でも広まる気配を見せつつあります。今年に入り価格上昇の勢いはとまりません。これからも値上がりするとの予測もあり、目が離せません。そして他の仮想通貨もその煽りを受けてでしょうか、恐ろしいほどの値上がりをしているものもあります。

ビットコインに代表される仮想通貨(暗号通貨)ですが、このような値上がりを期待してやビットコイン以上のコイン(ビットコイン2.0)を世に出そう、2014年以降様々なの仮想通貨(暗号通貨)が取引されるようになりました。

ビットコインの次に取引額の大きいイーサリアム2014年に出て来た仮想通貨(暗号通貨)で、新しいブロックチェーン構築しています。ブロックチェーンに契約システムを導入するという試みがあり、大変革新的な技術になっています。

2016年半ばで1イーサおよそ1000円で取引されていたモノが、現在は1万円です。既に10倍以上の価格がついており、評価が高くなっています。

その他コインも発行総量等によって価格は様々ですが、発行時の何十倍、何百倍という価格になっています。2017年5月に入ってから、昨年0.5円だったリップルが45円まで高騰している例をみても、ポテンシャルを秘めた仮想通貨はまだまだ存在しています。

このように2017年は更に新しい仮想通貨(暗号通貨)が登場することが予想され「仮想通貨元年」と言われています。

ビットコインにおいては去年数千店舗しか扱いが無かったのが、今年中に26万店舗まで増えるという話ですし、大手家電店のビックカメラがビットコイン決済を導入しましたし、これから飛躍的にビットコインが日々の生活に浸透してくることは間違いないと思います。

円やドル以外の通貨以外の通貨が私達の生活に必要不可欠になる時代がもう目の前にあります。ペーパーレス・キャッシュレスの時代到来に備えて、取引所や保管場所を確保することをオススメ致します。

またいつの時代も「悪い奴」は山ほど出てきます。新しい通貨、暗号通貨、仮想通貨などを謳った「詐欺」が横行するのも致し方ありません。皆さんの大切なお金を、彼の手この手で搾取するような連中もたくさんいるとおもいますので、注意が必要です。

何がホンモノで何が嘘かを見破る方法、しっかりとした絶対的な知識を身につけないといけません。

日本国民は新しい事に大変無頓着、そして変化に対応しないという非常に臆病な性格をもっているようですが、全世界が注目している仮想通貨(暗号通貨)をまずは知ること、きちんとした知識をつけることが大切だと思います。

大切なお金をただ銀行においておく時代は終わりました。目減りする置いておけば増える時代はもう帰ってきません。

仮想通貨に置き換え、国境を越えて国の中央集権型管理に縛られず、いつでもどこでも決済可能な仮想通貨を保有する時がきたとおもいませんか?

まずは勉強、そして実践をしましょう。

私は少しでも有益な情報を皆様へご提供できるよう尽力致します。