モナーコイン

【速報】MONAコインが数日で6倍以上に高騰 MONAの特徴と爆上げの背景を解説します

日本が生んだ仮想通貨であるMONAコイン(モナーコイン)が、ここ数日異常な高騰を記録しています。MONAコインの生い立ち、特徴そして将来性などを検証します

モナーコイン(Monacoin)とは?

モナーコインは日本で最初に生まれた仮想通貨であり、皆さんご存じの「2ちゃんねる」から誕生しました。モナココインは2013年12月に発表され、リリースは2014年1月1日に発行。発行当初はライトコインと同等の属性でありましたが、現在は独自に仕様改良を繰り返しています。

2017年10月にbitFlyerへ上場し大きく話題になりました。この秋より取引所は金融庁の承認登録が必要になったこともあり、大変厳しい審査を経て登録の承認がされることもあり、業界内でのコインにと取引所に対する評価が以前よりも高くなったと言えましょう。

モナーコインの特徴とは?

モナコインの特徴は5つあります

  • 総発行枚数:1億512万枚
  • Segwitが仕様に組み込まれている
  • マイニング(採掘)と半減期について
  • ツイートするだけでMonaの送金が可能
  • 取引スピードが速い:ブロック生成間隔が90秒程

総発行枚数について

ビットコインの2,100万BTCに対して、Monacoinの総発行枚数は1億512万枚、約5倍です。ライトコインは8,400万LTCなので、1.25倍ほどですね。

後述しますが、モナコインはブロック生成スピードが比較的に他通貨よりも速いので、総発行数も多くなるということです。

Segwitが既に組み込まれている

モナコインは早くにSegwitが組み込まれています。Segwitは2017年4月27日にアクティヴェートされ、実はMonacoinが最初に実装した世界で初めてのコインなのです。

Segwit(セグウィット)とは取引処理向上には不可欠な技術的アップデートで、ブロックチェーン技術の根幹です。一つのブロックに入れる「取引データ」(transaction)を圧縮する技術のことを指します。

Segwitを実装しているのはビットコイン、ライトコインとこのモナーコインです。取引スピードを速くすることでビットコインが以前から抱えている問題をいちはやく解消するために導入したと言われています。

モナーコインの採掘とは?

モナーコインの採掘、いわゆる「マイニング」はビットコインと同じPoW(プルーフ・オブ・ワーク)を採用しています。

マイニング、採掘作業は計算能力の高いPCが報酬を得る仕組みなので、企業などがインフラをきっちり整えて採掘をする以外に、自宅で簡単に高性能PCを設置してマイニングすることは非常に難しいと考えられます。

マイニングプールに属するか、クラウドマイニングなどで採掘する方法しか現時点では選択肢が無いと考えて頂ければとおもいます。

モナーコインの半減期とは?

モナーコインの半減期は1,051,200ブロック枚と設定されており、3年に1度の計算です。一回目の半減期は今年の7月16日に終了しており、次回は2020年の東京オリンピックの年に予定されています。

傾向として半減期を迎える仮想通貨は直前に、価格を大きく上げていることも明記しておきます。

[aside type=”warning”]What is 半減期?
マイニングによる報酬が減る時期です。半減期は仮想通貨のインフレ防止のための措置という見方が適当でしょう。市場に出回る、通貨の枚数が減るので半減期を迎えると、通貨そのものの価値が上がるため価格が上昇する傾向にあります。[/aside]

モナーコイン半減期の予定

マイニングの報酬が半減期おきに減少します。1回目の半減期ではマイニング報酬は25MONA、2回目の3年後はその半分の12.5MONA、そして3年ごとに半分ずつに減っていくということです。1回目の半減期前までは50MONAも報酬があったわけです。

モナーコインの取引スピードは速い!

何よりも特筆すべき点ではないでしょうか。モナーコインの処理スピードは毎90秒ごとにブロックが生成されます。このスピードがもたらす恩恵は、決済手段として大変有効なものになるということです。

現在はビットコインもビックカメラなどの大手家電量販店などで決済手段として選択可能ですが、取引処理のスピードが10分程かかるということで、なかなか普及しないという現状があります。

実用的は面においてライトコインは2.5分ごとにブロックが生成されるということで、ビットコインよりもすぐれている点として業界内では評価が高かったのですが、モナーコインはさらに1分速いということで今後注目されるとおもいます。

ただ、セキュリティ面を考慮した上で、ブロックの生成間隔が10分と設定された背景もあり、モナーコインの普及は「90秒という取引処理に関連する不正防止のための仕様改良」がカギになるのではと考えます。課題の一つとして明記しておきます。

ツイートするだけでMONAが送金できる

モナーコインはTweetのみで送金が出来る仕組みがあります。twitter上でモナコインをtipmonaというbotが管理をしており、このtipmonaへMONAを送金することにより「残高確認」「入出金」などが可能なのです。

tipmonaの利用方法

モナーコインをTwitter上で送金する方法などの詳細はこちらからどうぞ。

tipmonaで残高確認

Twitter上で@tipmona balanceまたは@tipmona 残高とツイートすると、残高確認が可能です(スペースは半角)

tipmonaのアカウントに入出金する方法

自身のtipmonaアカウントへ入金するには@tipmona depositもしくは@tipmona 入金とツイートすると、モナコインちゃん(@tipmona)から入金用のモナコインアドレスがリプライで届きます

出金の場合は「@tipmona withdraw 金額 アドレス」または「@tipmona 出金 金額 アドレス」で出金することが可能です。

tipmonaからMonaの送金をする

tipmonaからMonaを送金する場合ですが、「@tipmona tip @相手のtwitterID 金額(半角数字) コメント」で特定の相手(送金相手もtwitterアカウントが必要です)にMonaを送金することが可能です。

コマンドが成功すると@tipmonaから自動返答がきます。たったこれで送金が完了するという革命的なシステムです。

実は、いいね!やお気に入りを推すのと同じように、モナコインをその相手に送金することも可能なんですね。これがMONAのおもしろいところです。銀行口座を開示しているようなものですが、匿名性の高いTwitter上でのことですから、ブロックチェーン技術の「哲学」に沿ったアイデアですよね。

何よりも個人情報が守られていることが、仮想通貨の非中央集権型システムの素晴らしいところでしょう!

モナーコインのチャートはこちらで

モナーコインのチャートはオススメしているbitFlyerのサイトで見ることが可能です。

BitFlyerはこちら

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

モナーコイン爆上げの背景

2017年7月は70円程度で推移していたモナーコインですが、10月にBitFlyerへ上場したことにより一気に騰がりました。ビットフライヤーに対する評価、そしてこの取引所で取引が可能になったという事実により、モナーコインへの評価が上がったと言えるでしょう。

Bittrexでも取引高1位を記録したことは、海外の投資家が注目し買い注文が一気に入ったとみられています。

モナーコインの今後とまとめ

モナーコインは日本で最初に生まれた日本発の仮想通貨として、個人的に応援したい気持ちがあります。アルトコインの中でもイーサのように評価が高くなること、ビットコイン同様に世界で取り扱ってもらえるかどうかが、今後の焦点になるのではと考えます。

取引スピードが速いことで、日常生活における決済手段として広まること、またその利便性とセキュリティの問題がクリアすれば、少なくとも国内では一気に普及する可能性を秘めていると感じています。

仕方の無いことではりますが、世の中の「傾向」として、中央集権型の管理組織に「依存」していることには間違いなくそれは感覚的にも、これまでの経験としてもしがみついてしまうものだとおもいます。

ブロックチェーン技術とビットコインの誕生はそもそも中央集権型管理組織を否定するところから始まりました。不正が横行する現行の制度に対する批判と、民主的な在り方を言及するためのものでした。

しかしながら、まだまだ我が国だけでなく世界の人々の「マインド」、その行動ロジックや感覚的な捉え方というのは「国=安心」や「銀行=信用」という概念に支配されています。

ブロックチェーン技術やビットコインなどの仮想通貨を評価するときに、難しいのはこの点だとおもいます。

ですから、ビットコインなどの仮想通貨そのものを全否定するJPモルガンのCEOなどの発言を聴くと「組織に依存する側の立場」からの言葉であり、仮想通貨に対する評価と、社会になかなか浸透していかない「マインド」が存在することは、頭の片隅においておくべきでしょう。

投資家的な発想で考えれば、既存の在り方、金融機関の存在などと共存しながら、あらなた世界や技術に目を向け、モナーコインなどの夢のある仮想通貨に投資をし、ロングを購入することが今後の発展の起爆剤になるのでは、と当サイトは考えています。

私もこれを機に、モナーコインを購入したいとおもいます。

取引所を登録するならこちら

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin