ブロックチェーン

ブロックチェーン技術が社会に応用されるのはまだまだ先のお話。だからこそ割り切って考えてみる

こんにちは、BB23Cryptoです!

ビットコインをはじめとする「仮想通貨」(暗号通貨)はブロックチェーンテクノロジーという壮大なinnovationの応用でしかないのですが、

ブロックチェーンを社会に大きく役立てるための発想力と行動力がまだ、現段階では見いだせていないと客観的に見ていると感じています。

ですから、仮想通貨業界というのは、投資家たちの投資先の一つでしかありません。現実的に「投機的」な要素のほうが圧倒的に強く、仕手筋がSNSを使って買いあおりをし、大きく買い上げたものを売り捨てるような行為が横行しているようです。

いわゆるpump and dumpって奴ですね。法規制がないものですから、いまはやりたい放題ということです。

XRPなどブロックチェーンでもないものが「評価」され(個人的にはやはりとても気になる)コア派といわれる老舗のビットコインホルダーたちと、SNS上などで論争が絶えません。

コア派は8月にハードフォークしたBCH派との論争が勃発。どっちが「リアルビットコインなのか」を技術的な面と「感情論」でぶつかっています。

正直、昭和40年代生まれのおじさんには、SNS上でギャーギャー言ってないで、仮想通貨業界のためにみんな一緒に前向きに、エンジョイしながら考えなさいよ、と感じています。

ブロックチェーンテクノロジーと世界の未来を考える

私がおもうに、ブロックチェーンテクノロジーの発展は未来の世の中には欠かせないモノです。

2008年にリーマンショックがおきたことで、何兆円というお金と、何百万人が資産と仕事を失うという世界経済に壊滅的なダメージをもたらした事実を踏まえて、サトシナカモトなる人物(団体?)がブロックチェーンテクノロジーとその応用であるビットコインを生み出しました。

私はこのテクノロジーに感銘を受けました。

そして中央集権的な機関は、いずれ無くなるのだろうとも思いました。巨大な力を持った中央集権的機関が多くの人の人生や資産を搾取する時代はもう終わるべきだと。

分散型台帳の存在により、非中央集権的発想をベースに富の分配と不正排除の動きを促進できるのだという、明るい未来が見えてきます。

マイクロペイメントに対応する仮想通貨の誕生により、クレジットカードや現金などが無意味なものになるような世界が実現すべきです。先進国以外の国々で小口の金銭のやりとりがペーパーレスでおこわれることで、人々の生活が支えられる。

わけのわからないチャリティや募金が本当にお金を必要としている方々のもとへ届いているのかなんて、誰もわかりませんよね?

仮想通貨の本来あるべき姿が、ここにあるような気がします。

高い手数料を徴収し、何もせず私腹を肥やす中央集権組織はなくなればいいのだ、と私は本気で思っています。

民主的に世界中のPCがトランザクションを認証し、オープンに不正が限りなく少ない世の中。こんな素敵な事がブロックチェーンテクノロジーでは可能なんだとおもうと、笑顔になってしまいます。

私は詐欺に遭いました。酷い詐欺でした。だからこそ、中央集権的なマネージメント業を営む連中にはいまや疑いの目しかありません。

代行業、代理人などは調子の良いことと嘘八百しか言わない。そして何もせず私たちの稼いだお金の20%、30%、下手したら半分以上を搾取する。そんな業界がいまでも普通に存在し、そして契約される側であるほうは損をする。

こんな理不尽なことはありません。

分散型台帳やイーサリアムのような「コントラクト」をブロックに書き込めるプログラムであれば、限りなく不正が防げるのではないかと思うと、直ぐにでも全ての業界がこのテクノロジーの恩恵を受けるべきだと思いますが、そうなかなか世の中は動きません。

既得権益にまみれた連中があまりにも多く、だからこそビットコインや仮想通貨に対して「異論」を唱える連中もたくさんいるわけです。

自分たちの現在のあり方に満足をしている一部の富裕層たちはビットコインを毛嫌いするでしょう。賢い人達は違いでしょうけどね。

割り切って考えてみる

まだまだ発展途上の仮想通貨業界。そして、未成熟なブロックチェーンテクノロジー。

現段階で考えられるべき事は、大きく分けて二つだとおもいます。

1.仮想通貨で稼ぐこと

2.ブロックチェーンテクノロジーの発展を願うこと

前者は私たちが仮想通貨業界をより一層活発なものにするため、取引をやめずどんどんたくさんの人達が参入するために、自己資金を投入しまわしていく。多くの取引を国内に及ばず、海外の取引所を使って取引をしていくことで、ある一定の手数料を支払う事で、取引所の運営の手助けにもなり、また業界の時価総額があがる。

そして、買った仮想通貨で利益を出す。これに尽きますよね。原資を増やす事です。

とにかく、銀行なんぞに意味も無く寝かせておくことだけはしていけない。銀行などは今すぐにでも無くなれば良いのですから。余談ですけど、銀行や新聞社などの機関にこれから就職をしようと考えているなら思いとどまった方がいいですよ。夢も希望も何もありませんから。人生一回きりです。無駄な時間は1秒たりともありません。

ブロックチェーンテクノロジーの発展については、ICOを見ると多くの技術者や開発者が血眼になってテクノロジーの開発と発展にエネルギー、時間、想像力を費やしています。その中の何が残り、何が淘汰されるのかはわかりませんが、過程を見届けていくことが大切でしょう。

社会の未来に役立つモノを作っているのか、を見極める目と判断力が問われます。

稼ぐにはどうすればいいのか?

仮想通貨についていま話すことのほとんどが

「どれを買えば儲かるの?」

これに尽きますよね。

2017年を見届けていた私としては、ポートフォリオをどう作っていくのかを最近ずっと考えている中で、ビットコインの扱いが難しいと思っています。

送金手数料の高騰(一時よりは少し安くなった)と送金遅延などが原因で、BTCホルダーがBCHやXRPなどに鞍替えすることが多く目立っているようでです。

XRPは現在異常高騰している背景に、「金融機関が認めた」というある種の固定観念から来る「幻想的な信用」(なんで銀行を信用するのか理解不能だが)を元に「上がる材料がたくさんある」と評価している投資家が世界に多いという事なんでしょう。

しかし、いずれこれは崩れ落ちると私は考えています。

別にXRPを否定しているのではなく、Ripple社が作った送金システムは間違いなく優秀なのは十分に理解した上でのお話です。

送金システムは今後様々な機関で採用されるでしょう。そして円滑かつ安全にお金が送受金されることでしょう。しかしXRPは流通するとは到底思えません。いまの高騰は投機のみ。それだけです。

デモ良いのです。仮想通貨業界が盛り上がるのであれば。XRPは私も「稼ぐために」買います。ポートフォリオ全体のほんの一部かもしれませんが、ポジションを持つとおもいます。主に短期取引に使う通貨でしょうね。

利用できるものは全て利用すれば良いのです。それくらい割り切って、この異常なほどのスピードで動いている業界の波に乗ればよいと考えます。

BTCは長期ホールドの銘柄、そして仮想通貨の基軸通貨として所有する事は決めています。難しいなぁとおもうのは、思ったタイミングで取引所間を円滑に送受金出来るのかという点。それだけです。

BCTが日常的に使えないなあと感じる場合はETHなどの別の通貨を選びます。

そして、10〜20種類くらいのアルトコイン、草コインを(時価総額上位ではない)買いあさるという作業をする予定です。

完全に割り切ります。この10〜20種類のアルトコインの中から10倍20倍、100倍というパフォーマンスをしてくれる通貨が一つ、二つでもあれば良いかなと。

ちなみに下の画像は今日(2018年1月3日)時点での時価総額とプライスです。

1年後にどうなっているかも含めて貼り付けておきます。

2018年をどう見るか

感覚的なお話となりますが、2018年はまだまだ成長の段階でしょう。仮想通貨元年である2017年を見たときに、法規制や税制などまだまだ整っていない状況であること「見込み客」がこれからまだまだたくさんいること、大手IT企業などがこぞって取引所を開設することを考えると、仮想通貨は魅力ある商品だという宣伝が相次ぐでしょう。

ですから、買うなら今です。今買って半年後まで見ていましょう。一喜一憂するのは相当しんどいほど毎日乱高下する可能性の方が多いと思いますが、それもまた仮想通貨業界のおもしろいところ。

「ビットコインバブル」という言葉をよく聞きますが、確かにバブルでしょう。で、バブルはいずれ弾けるモノだという考えも間違ってはいません。

では弾けるのはいつなのか?なんて考えても、神のみぞ知る世界。予測出来れば撤退もできますが、いつどのタイミングでドカーンと来るのか、誰にもわかりません。

そこまではとにかく淡々と買い集め、買い増していく作業に徹する事です。基本は右肩上がりの業界で、VERGEのように7500倍というパフォーマンスを誇ったような通貨があればどれだけうれしいかと思いますが、比較対象にするのはちょっと厳しいとおもいます。

100倍でも50倍でも噴いてくれたらかなりうれしい事になるでしょうね。

あくまでも余剰資金で、元本以上の含み益になったらまずは元本を抜いておく(税金対象ですからお忘れ無く)そして後は含み益をうまく回していくという作業に移ればよいのです。

明日は今年の銀行営業日初日ですから、一気に仮想通貨が上がる事が予想されます。一旦あがってから少し調整するのを待つか、明日から一気に買いあさるかの判断はアナタ次第です。

当ブログのサイドバー(スマホではSidebarを押せば出てきます)にリアルタイム表示される仮想通貨のリストを表示しています。あまり見たこともないものもあると思いますが、私はここに注目しています。参考になれば幸いです。

オススメの取引所はこちらです

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で