リップル(XRP)

今日のチャート:XRPの分析をしてみました。ん〜どうなんだろ、とうぶんは下の方でうろうろでしょうか

こんにちは、BB23Cryptoです

話題のXRP(リップル)のチャート分析です。

1時間です。

ロウソク足細めです。少し見えにくくてすみません。ピンク色でライン引いてます。

一番下のサポートラインが一応、底としては堅いと考えた上で、最高値からのトレンドラインを見たところ三角持ち合いにあるのでこのそこまできて下にブレイク?するのか、何か大きな材料があって上にブレイクし別の物語へ突入するのか、どうかわかりませんね。

そもそもブロックチェーンテクノロジーではないリップル、そして中央集権的な存在であるリップル社が開発した送金システム(結構優秀)でXRPが評価をされるという状況で、現在BTCに次ぐ時価総額2位。個人的には投機対象でしかないXRPですが、巷ではやたら評価が高いです。

昨日は大手マネーグラムとの提携などが話題になり2時間ほど爆上げする時間がありましたね。でも、まぁ、この程度なんだぁって感じです。

Bloomberg News

ファンダメンタルズ的には?

XRPは今後短期的な投機対象と中長期で考える人と大きくわかれるんじゃないかとおもいます。国のメンタリティなども影響しますけれど、年明け前から暴騰し420円あたりから一気に300円までおちたのも、韓国の取引所問題など情報が錯綜しており若干混乱を来しているようです。

韓国の規制

そんなわけで「投げ売り」した新参者が多数いたのは間違いないでしょうね。まぁ一ヶ月で10倍から20倍という異常な動きをした銘柄ですから(その前の半年が長かったですけどね)これくらい落ちるのは自然の摂理ですが、全体的にみてよく持ちこたえているというか、買い支えがある理由はやはり評価をしている投資家がかなりの数いるってことですよね。

いまは2ドルあたりまで戻してきていますので、そろそろ三角持ち合いからどか〜んと上へ行ってほしいという願っている400円の高値つかみをした人や、20円台でひろったラッキーな人達が今か今かと待っているところでしょう。

今朝のチャートはこちらです。30分足で見ています

昨日適当にトレンドライン(ピンク)を引いたんですが、今朝の動きから追加でラインをひきました(赤)上値切り下げ、下値切り上げで三角持ち合い(ペナント型ボックス)を形成しているのでここから、どちらかに抜けるに仕手も少し時間がかかるかなぁとおもいます。

先日のニュースで一気に出来高があがった時間(1月12日の0時前ですね)に1.7ドルから2.28ドル付近まで伸びていますがそこからまた調整へ。短期筋が決済してますね。高値でつかんだ連中が出来る限り戻して逃げたい、という心理がここにでているかと。信用売りはたしかできないとおもうので(少なくとも国内では無理なはず)海外でショートで入っているトレーダーもいるのかな?

ズルズルとさがるのかどこかでドカーンと噴くのか。。。いずれにせよ、どちらへ歩みを進めるのかはわかりませんが、様子を見ていようとおもいます。

 

個人的な見解。あえてポジショントークをするならば

XRPには個人的には全く興味ありません。単なる短期的な売買対象にする予定です(ボラがあるので売りたいときに売り抜けられるだけが理由)不勉強な投資家は、仮想通貨業界をみてXRPやリップルとう文字をみて、なんかよさげという風におもうのかもしれないですけど、そもそもブロックチェーンではないものが何故ここにあるの?というのが私自身感じている違和感のひとつです。ビットコインが凄いとか、BTCが老舗だからどうのこうのということじゃないんですよね。

仮想通貨業界的には様々なテクノロジーがあって良いでしょうし、それを象徴する通貨が発行され売買されるのは問題ありませんし、相場の時価総額があがることに一役買っているということでいえば、素晴らしい存在かな、と。送金システムがすげーっていうのは様々な方法で客を搾取する中央集権的金融機関的な目線でみると、ありがたいテクノロジーですけど、SATOSHIが考えたものからは180度違うコンセプトや哲学をもったものにはまったく面白みも感じていません。

ですが、業界的にはXRPが爆上げしてくれないことには、全体的にあがるということにならないのでやはり時価総額上位銘柄が牽引していってほしいという気持ちがありますので、まだ様子を見ている投資家達が大きな資金を投入する良いきっかけになってくれるのであれば願ったり叶ったりかなと。

そういう意味でリップル社という「中央集権」には頑張ってもらいたいところです。なんだか妙な雰囲気ですけどね(笑)SATOSHI NAKAMOTOさんはこの状況、どう考えているんでしょうかね。

ということで、

XRPは投機対象「のみ」。未来は特に感じてません。いま1ドル未満の草コインと同様の対象と私は捉えています。

まとめ

XRPについてはこれからもお話をしていくとはおもうので、短期売買の対象して動きを注視していきます。他にもチャート分析してーっていうものがあれば、お声がけ下さいね。

 

 

オススメの取引所

国外の取引所

Binance公式サイトはこちら⇒ https://www.binance.com/

Bibox公式サイトはこちら⇒ https://www.bibox.com/

国内の取引所

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で