ビットコイン

今日のチャート分析:BTC/USD 底値はどこ?株式相場も大暴落。独断と偏見で考察

こんにちは、BB23Cryptoです

BTC/USD 日足

最安値6840ドルをつけたのは2017年11月の暴落時以来となります。昨晩から米国株式市場が先週金曜日からの流れで更に暴落をしたことも原因の一つとも言えます。

昨日お伝えした

  • Tether問題
  • CC社ハッキング
  • 韓国政府の問題
  • インドのガセネタ
  • 米英銀行のクレカ決済NG

にあわせて韓国政府が昨年は北朝鮮が韓国の取引所をハッキングしたとの政府見解を発表。悪材料が加わりました。

一般目線で見た仮想通貨業界は「とりあえず手を出すな」「取引をするのはいまは辞めておこう」という気持ちが先行してしまうような状況で、資金がどんどん抜けていく様相です。

一時は100兆円規模まで膨れ上がった市場も現在は38兆円まで下落。しかしこれは昨年の11月水準ですから、大きな大きな調整が起きたという捉え方も出来ますね。前向きに(笑)

下を模索するとなるとターゲットは6200ドル、その先が5400ドルあたりとなります。ですが、現在の6600ドルあたりで反発してほしいと願っていますが。

BTC/JPYの日足

ターゲットは70万円ラインとなるのでしょうか。今朝は74万円あたりを推移していましたが、ここから更に下がる勢いがあります。70万円を切ってしまうと、、、、この下落はどこまでいくのだろうと静観するほかない状況ですね。底はラインを引いたところがあくまでも目安として考えられるターゲットですが、是非とも上昇トレンドへの転換がおきてくれることを願うばかりです。

投機対象だから円換算で考えてしまう

投資(正確には投機)対象だから、円やドル換算の物さしでBTCをみてしまいます。これは仕方がありません。

稼ぐお金が日本円やドルだからこそ、円で入金し取引所でBTCを買うという過程を踏めば買ったところから上がった下がったと一喜一憂してしまうもの。

ですが、仮想通貨やブロックチェーンというものの価値はフィアット換算で考えるモノではないはずです。

そもそも論になるのですが、本質的には仮想通貨を保有するということは投機的な意味合いだけではなく、ビットコインなどのコインが幅広く社会に浸透し実用化される近い将来(いつになるかわかりませんが)にモノを言い始めるものです。

現在は単なる投機対象でしかないという割り切った考えでお付き合いをしている方が殆どですからね。実体のないものにこれだけの巨額なお金が投入されていることに違和感を感じる人たちがいるのも致し方ないことですよね。

私は未来に掛けたいし、ブロックチェーン技術に魅せられてしまった一人ですし、BTCで投機的に稼げるのであればどんどんやるべきだという考えをもっています。

割り切っていくこと、そして自己判断ですべて処理をしていきます。

オススメの取引所

国外の取引所

Binance公式サイトはこちら⇒ https://www.binance.com/

Bibox公式サイトはこちら⇒ https://www.bibox.com/

国内の取引所

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で